バッティング基本講座の第2回目は「バットの握り方」についてです。

バッティングの基本中の基本なのですが … 意外とこの重要性を知らない。という意見は実に多いんですね。

指で握るタイプ・手のひらで握るタイプ・絞る位置・バットを短く持つ・バットを長く持つという5つについて解説したいと思います。

バットの握り方「指?それとも手のひら?」

☑ フィンガーグリップについて

バットを指で握ることを「フィンガーグリップ」と言います。

指の第二関節から指の付け根で握る方法です。

フィンガーグリップのメリットは「バットコントロール」がしやすい事になります。

逆にデメリットは「バットにパワーを伝えにくい」という事が挙げられます。

☑ パームグリップについて

手のひらでバットを握ることを「パームグリップ」と言います。

メリットはバットにパワーを伝えられて「インパクト時にボールを押し込める」というメリットがあります。

デメリットと言えるかは分かりませんが「フィンガーグリップ」に比べてバットコントロールはしにくいです。

結論としてどっちがいいのかと言えば、プロ野球選手でも両方のタイプがいます。

ですが、パームの方が多いですし強い打球が打てます。

一応フィンガーグリップを紹介しましたが、後ろの手で押し込めませんので本心として全くオススメしません。

実際に打って芯を外すと指(手)が痺れますし、なかなか力が入らないです。

おすすめは「バットは手のひら」で握る方法です。

ワンポイントとして、バットは両手の「小指~中指」で握る様にします。

別の言い方にすれば、両手の「親指と人差し指」では握らずにバットを構えます。

そしてインパクトの瞬間に全ての指で握り込むことにより、スムーズなスイングから力負けしないインパクトが行えますよ。

バットの絞り方について

よくバットはワキを締めて絞って握れ!と言う指導者もいますが、実はそれは正しいバットの握り方ではありません。

バットの握り方(絞り方)は、インパクトの時に後ろの手が一番力が入るポイントで握ります。

インパクトの時に、ボールを後ろの手で押し込める握りを後ろの手で探って、そのままバットを構えます。

この絞り方があなたに合ったバットの握り方になります。極端にならない様にしましょう。

バットの握り方

バットを握る位置について

今度は、バットをグリップエンドぎりぎりで長く持つのか?それとも短く持つのか?というポイントについて解説します。

バットを長く持つと遠心力でバットヘッドが走りスイングスピードが速くなります。

ですので、より強く遠くに打球が飛ぶと言うことです。

デメリットは短く持った時よりもミートがしにくいという事です。

短く持てば長く持つ時と逆になります。

メリットはバットコントロールがしやすいのでミートがしやすい。逆にデメリットはスイングスピードが下がると言う事ですね。

体が出来ていない少年野球などではバットを長く持つと「重く感じ」たりバットをうまく扱えないケースもありますので、自分の力に合わせて短く持つケースも多いと思います。

まだバットに振りまける場合には短く持つ様にしましょう。

バットの長さは体がブレたりしない様に、力強くスイングが出来る自分の位置で握る様にしましょう。

バットのグリップエンドに小指をかける?

最近ではあまり見られなくなったバットの握り方ですが、草野球ではたまにカッコつけがやりがちですね(笑)

グリップエンドに小指をかけると衝撃やデッドボールで怪我をしやすいですし、力も逃げてしまいますのでやめましょう。

プロ野球選手でも、バットのグリップエンドに小指をかける打者はいないはずです。

プロは自分の体に合わせて作ったバットを使用しますので、そうするくらいならば規定内でバットを数センチ長くオーダーします。

以上がバットの握り方についてでした。

3回目の「バッティング基本講座」の内容は「バッティングのスタンス」と「立ち位置」についての解説です。

少年野球のバッティング上達で一番大切な事とは?

バッティングが7日間で上達するDVD


バッティングで一番大事なことを教えてくれる野球DVDです。

西武ライオンズで活躍した「垣内哲也」と「大塚光二」がプロの技術・知識・修正法・指導法を教えてくれますよ。

実践者の中には強豪校でレギュラーを取ったり、甲子園で活躍したりと実績もNo.1なんです!

バッティング上達

メジャー仕込みの内野守備上達DVD


日本プロ野球・メジャーリーグ日米で活躍する現役プロ野球選手「川﨑宗則」が直伝してくれる実践守備マスタープロジェクトのDVDです。

内野守備が上達したい!レギュラーを捕りたい!など二遊間やサード上達の近道になるDVDなんですよ。

野球守備

投稿者プロフィール

快音ドットコム

野球に関するお役立ち情報を掲載しています。少しでも野球上達のヒントになれば幸いです。よろしくお願いします ^^ /
人気記事 >> バッティング基本講座!全6回 <<