バッティングで手首を利かせるという言葉があります。

手首を利かせると言うのは、バットがボールに当たる直前に手首を返してよりパワーを伝える。という意味もあります。

個人的にはこの手首を意図的に返すのは否定派です。

  • 手首をこねるクセが付く
  • フォロースルーが大きくなりにくい

という点があるからです。

しかし今回はそんな手首を返さないで手首を利かせるという「偶力(ぐうりょく)」についての解説になります。

バットの偶力とは!?

バットの偶力やバッティングの偶力と言われる「偶力」という力は何なのでしょうか?

それは下記の写真でも分かる様に ・・・

  • 引き手でグリップを後ろに引く力
  • 押し手でバットのヘッドを押しだす力

この2つの力の総合パワーを「偶力」と言います。

バットの偶力

そもそも偶力って何?

偶力は「力対」とも言われます。

物体の2点に「大きさが等しく互いに平行で逆向きの2つの力」の対を偶力と言います。

その他に偶力と言われる物は「自動車や自転車のハンドルを回す両手の力」が分かりやすい例かもしれません。

てこの原理と言えば想像しやすかもしれませんね。

バッティング(バット)の偶力

バットを押し込むイメージ

偶力は、押し手で「バットを押し込むイメージ」とも言えます。

インパクトの瞬間に、後ろの押し手でバットを押し込む動作ですね。

厳密に言えば「インパクトの瞬間」よりも「インパクトの直前」と言った方がしっくりとくるでしょう。

そんな「偶力」を活かしたバッティング上達方法は、下記の記事も読んでみて下さいね。

少年野球のバッティング上達で一番大切な事とは?

バッティングが7日間で上達するDVD


バッティングで一番大事なことを教えてくれる野球DVDです。

西武ライオンズで活躍した「垣内哲也」と「大塚光二」がプロの技術・知識・修正法・指導法を教えてくれますよ。

実践者の中には強豪校でレギュラーを取ったり、甲子園で活躍したりと実績もNo.1なんです!

バッティング上達

メジャー仕込みの内野守備上達DVD


日本プロ野球・メジャーリーグ日米で活躍する現役プロ野球選手「川﨑宗則」が直伝してくれる実践守備マスタープロジェクトのDVDです。

内野守備が上達したい!レギュラーを捕りたい!など二遊間やサード上達の近道になるDVDなんですよ。

野球守備

投稿者プロフィール

快音ドットコム

野球に関するお役立ち情報を掲載しています。少しでも野球上達のヒントになれば幸いです。よろしくお願いします ^^ /
人気記事 >> バッティング基本講座!全6回 <<