今回は色々と見解が異なる「コンパクトなスイング」についてです。

このバッティングでよく聞く「コンパクトなスイング」ですが、具体的にはどの様なスイングなのか?について迫っていきたいと思います。

コンパクトなスイングの勘違い

よくコンパクトなスイングと言えば「バットを短く持って当てに行く」というイメージがあるのではないでしょうか?

しかしこれは、本来の意味のコンパクトとは言い難いです。

コンパクトとは、こじんまりとした小さなスイングではありません。

こじんまりとした小さなスイングで振ってもボールは飛びませんからね。

コンパクトなスイングと言えば、バットを最短距離で出して、無駄のない動きでボールに力をぶつけることになります。

そして、コンパクトなスイングがどの部分を言うのかと言えば、下記の③~⑤になります。

トップ ⇒ スイング ⇒ インパクトのスイング過程ですね。

コンパクトなスイング

プロでも見解が異なるコンパクトなスイング

コンパクトの定義は「バットを最短距離で無駄のない動きでボールに力をぶつけること」と言いました。

しかし、これではまだ「抽象的な表現」ですので、もっと具体的にコンパクトを追求したいと思います。

それではプロ野球選手の、より具体的な意見はどうなのでしょうか!?

まずは、上記でも説明した通りに、トップまでの動作は通常のスイングもコンパクトも変わりません。

プロ野球選手の見解としては「振り幅を小さくしてミートを重視する時に行う」スイングがコンパクトだと言います。

バッティングコンパクト

コンパクトなスイングをより具体的に!

稲葉篤紀がコンパクトなスイング(左)と通常のスイング(右)を見せてくれます。

赤の軌道がコンパクトなスイングですね。

やはり「コンパクト」と言うだけあり、バットの軌道はより最短になっています。

稲葉篤紀のスイング

2つのバットの軌道を重ね合わせると、コンパクトなスイングの方が、よりトップから鋭角に出してスイングしている事が分かります。

稲葉篤紀コンパクトなスイング

バットの軌道の違いです(赤がコンパクト)

コンパクトなスイング

コンパクトなスイングをより詳細に!

今度は「古田敦也のスイング」で違いを見ていきましょう。

古田敦也のスイング

同時に比較するとかなり分かりやすいです。

コンパクトなスイング違い

コンパクトなスイング比較

古田敦也のスイング

野球コンパクト

コンパクトなスイング

これにより導き出された結果として「コンパクトなスイング」をより具体的に解説すると、「トップからインパクトまでが鋭角なスイング」という事です。

少年野球のバッティング上達で一番大切な事とは?

バッティングが7日間で上達するDVD


バッティングで一番大事なことを教えてくれる野球DVDです。

西武ライオンズで活躍した「垣内哲也」と「大塚光二」がプロの技術・知識・修正法・指導法を教えてくれますよ。

実践者の中には強豪校でレギュラーを取ったり、甲子園で活躍したりと実績もNo.1なんです!

バッティング上達

メジャー仕込みの内野守備上達DVD


日本プロ野球・メジャーリーグ日米で活躍する現役プロ野球選手「川﨑宗則」が直伝してくれる実践守備マスタープロジェクトのDVDです。

内野守備が上達したい!レギュラーを捕りたい!など二遊間やサード上達の近道になるDVDなんですよ。

野球守備

投稿者プロフィール

快音ドットコム

野球に関するお役立ち情報を掲載しています。少しでも野球上達のヒントになれば幸いです。よろしくお願いします ^^ /
人気記事 >> バッティング基本講座!全6回 <<