野球のピッチングでスピードアップができるトレーニング方法のご紹介です。

それが「ピッチング・スピード・アップ」プログラムになります。

実際にこの「ピッチングのスピードアップ」に取り組んでいるリトル・シニアのチームがあります。それが「尾張一宮リトル・シニア」の少年野球チームになります。

今回は、そんな実際の声のご紹介になりますよ。

ピッチングスピードアッププログラムの感想

鈴木哲夫監督の経歴

  • 1972年全国高校野球甲子園出場ベスト8(現:中京大中京)
  • 鹿児島国体高校硬式野球ベスト4
  • 1975年~80年中京大学硬式野球部のヘッドコーチ
  • 翌年全国大学野球選手権出場
  • 1980年~長野穂高商業(教諭&野球部監督)
  • 2002年~尾張一宮リトル・シニア監督

その後にはリトル・シニアで優勝・準優勝・最優秀監督賞を数々受賞しています。

以下は、尾張一宮リトル・シニアを率いる「鈴木哲夫監督」の感想になります。

鈴木哲夫監督

子どもの体、また大人でももちろんそうですけれど、その身体のバランスや状態等を全て知った森部トレーナーのトレーニング方法で非常にピッチャーにとって効果です。

うちのピッチャーも試してみましたが、自主的に練習を重ねることによって体の筋力等も強くなり、ピッチャーのスピードアップになる事は間違いないです。

中学生はもちろん、小学生または幼稚園とまでは言いませんが、小学生・中学生・高校生などの選手に実践して頂ければ素晴らしいトレーニング方法だと思います。

小学生のうちから、このトレーニング方法を積み重ねることによって強い身体ができ、また中学・高校と進んで行くにつれ故障をしない、肘が痛いだの、腰が痛いだのない、故障が少ない選手が出来上がるのではないでしょうか。

そういう若いうちにこういうトレーニングを積み重ねる事によって、さほどハードでもありませんので、毎日の積み重ねで小学生のうちからでもやって頂きたい、また高校生でも大学生でもやって頂きたいトレーニングです。

あくまでも体はいつまでも発展途上だと思いますので、大学生からでも十分にやっていけるのではないかと思います。

少年野球から出来るピッチングのスピードアップ!

ピッチングのスピードアップは年齢問わずに行えるトレーニングになります。

小中学生では、故障をしないフォーム作り&スピードアップを目指せる内容なんですね。

高校生でもまだまだ技術は未熟ですので、故障しないフォーム作りやスピードアップは十分に行えますよ。

ピッチャーとしての球速アップの詳細は、下記の記事よりお読み頂けますよ。

少年野球のバッティング上達で一番大切な事とは?

バッティングが7日間で上達するDVD


バッティングで一番大事なことを教えてくれる野球DVDです。

西武ライオンズで活躍した「垣内哲也」と「大塚光二」がプロの技術・知識・修正法・指導法を教えてくれますよ。

実践者の中には強豪校でレギュラーを取ったり、甲子園で活躍したりと実績もNo.1なんです!

バッティング上達

メジャー仕込みの内野守備上達DVD


日本プロ野球・メジャーリーグ日米で活躍する現役プロ野球選手「川﨑宗則」が直伝してくれる実践守備マスタープロジェクトのDVDです。

内野守備が上達したい!レギュラーを捕りたい!など二遊間やサード上達の近道になるDVDなんですよ。

野球守備

投稿者プロフィール

快音ドットコム

野球に関するお役立ち情報を掲載しています。少しでも野球上達のヒントになれば幸いです。よろしくお願いします ^^ /
人気記事 >> バッティング基本講座!全6回 <<