プロ野球だけでなく、最近では高校野球でもキャッチャーがハーフスイングの判定を塁審に求めるシーン(ジャスチャー)が見られますよね。

今回はそんな「野球のハーフスイングの詳細」についての内容になりますよ。

※ 野球では主審よりも球審の方が正しいとされる使い方ですが、主審の方が使い慣れていますので「主審」と表現させて頂きます

ハーフスイングの判断基準となるのは「スイング動作に入ったか?否か?」というのがポイントですよね。

野球中継を見ていても「えっ?今のでスイングが取られるの?」というシーンがあると思います。

何故かと言えば「ピッチャー側からの中継」や「球審(以下主審)からの見え方」では、打者のスイングがしっかりと見えないからです。

主審はボールジャッジが優先になるためと、打者の後ろにいるためにスイングまではしっかりと見れない訳なんですね。中継されているピッチャー側からも横のスイングは見えにくいです。

ですので、最終的なハーフスイングのジャッジは塁審に委ねられているんですね。

野球のハーフスイングについての明確な判定基準

実はまだ現状として、ハーフスイングについて明確な基準はありません

公認野球規則「審判員の裁定8.02(C)2 」

ハーフスイングの際、球審がストライクと宣告しなかったときだけ、監督または捕手は、振ったか否かについて、塁審のアドバイスを受けるよう球審に要請することができる。

球審は、このような要請があれば、塁審にその裁定を一任しなければならない。

塁審は、球審からの要請があれば、ただちに裁定を下す。

このようにして下された塁審の裁定は最終のものである。

ですので、ピッチャーはスイングだと思えばキャッチャーに塁審へのスイング判断の要求をするジェスチャー(指を指す)をしたります。

キャッチャーはスイングが見える方向(右バッターなら一塁・左バッターなら三塁)の塁審に判定(アドバイス)を求めます。

高校野球では、捕手のみがアドバイスを受けられるケースになります。

ヘッドが走るとストライク!

バットヘッド(以下:ヘッド)が走ると、ほぼ間違いなくストライク判定をされます。

その理由は、ヘッドが走れば間違いなくスイング動作に入っているからです。

ヘッドが走っていれば、途中で止めようとも振り抜いても同じで、すでにスイング動作に入っているので「スイング扱い」にされるケースが多いです。

この時のヘッドが走ると言うのは「グリップよりもヘッド」が先に出た時です。

もちろん、その他にも打ちに行く意思(動作やスピード)なども加味されますので、最終的な判断は塁審に委ねられています。

実際のハーフスイングの動作と判定

それでは実際に「ハーフスイング」を見ていきましょう。

下記の画像は野球中継のピッチャー側からの映像画像です。

  • 上がバットの軌道をマーキングしていない画像
  • 下がバットの軌道をマーキングした画像

正直何とも判断しにくいですね。スイングスピードが速い打者ほど見分けにくいです。

しかし、ここで見るポイントは実はバットの軌道ではありません。バットの軌道は速いために「別のポイント」を見ます。

野球のハーフスイング(正面)

上記の②と③を拡大すると分かりやすいです。

グリップの位置がかなり前(ピッチャー側)へ向かっていることが分かります。

そして下半身も開いています。普通にスイングをして、急にバットを止めたここまでの状態になれば、ほぼヘッドが走ります。

ハーフスイングの判断

今度はもっと良く分かる「真横」からのアングルでハーフスイングを見てみましょう。

  • 上がバットの軌道をマーキングしていない画像
  • 下がバットの軌道をマーキングした画像

②で完全にスイング動作に入っている事が分かりますよね。

野球のハーフスイング(真横)

最大にバットを振ったシーンです。

野球のハーフスイング

この様にハーフスイングでは、正面と横からでは見え方が全く違うんですね。

先述した通りに、最終的な判断は塁審に委ねられます(その判定は覆りません)

明確はハーフスイングの基準はないのですが、ある程度の判断についての解説でした。

最後に、上記を用いたシーンの動画になります。

少年野球のバッティング上達で一番大切な事とは?

バッティングが7日間で上達するDVD


バッティングで一番大事なことを教えてくれる野球DVDです。

西武ライオンズで活躍した「垣内哲也」と「大塚光二」がプロの技術・知識・修正法・指導法を教えてくれますよ。

実践者の中には強豪校でレギュラーを取ったり、甲子園で活躍したりと実績もNo.1なんです!

バッティング上達

メジャー仕込みの内野守備上達DVD


日本プロ野球・メジャーリーグ日米で活躍する現役プロ野球選手「川﨑宗則」が直伝してくれる実践守備マスタープロジェクトのDVDです。

内野守備が上達したい!レギュラーを捕りたい!など二遊間やサード上達の近道になるDVDなんですよ。

野球守備

投稿者プロフィール

快音ドットコム

野球に関するお役立ち情報を掲載しています。少しでも野球上達のヒントになれば幸いです。よろしくお願いします ^^ /
人気記事 >> バッティング基本講座!全6回 <<