バッティングで下半身の重要性や、内転筋の大切さは前回の記事でお伝えした通りです。

今回は、普段の生活では使わない内転筋を鍛えるトレーニングや練習方法のご紹介になります。

簡単な内転筋の鍛え方

まずは簡単に出来る内転筋のトレーニング方法です。

椅子に座っている時に両足を閉じて座る

普通に両足を広げて座るのではなく両足を閉じます。

高校生なら学校の授業時間に簡単に行えます。女性っぽくなりますが(笑)

内股で立つ

肩幅くらいに両足を開き、つま先を内側にして内股にします。

そしてその体勢から膝を曲げて両太もも同士をくっつけます。

足を開いて砂集め

両足を開き、両足を閉じる様にして真ん中へ砂を集めます。

この時にジャンプをするとうまく砂が集まりません。

バランスボールを使う

バッティング内転筋

バランスボールを両膝に挟んで素振りやティーバッティングを行います。

内転筋を意識してバットを振ります。

内転筋を鍛える以外にも、頭の位置がぶれない、体の開きを抑える事にも役立ちます。

バランスボール「楽天市場」

内転筋を鍛えるには!?

内転筋を鍛えるマシンは、広げた両足を体の中心に押し込むトレーニングです。

内転筋を鍛える方法を極端に言えば、両足内側へ押し込む時に負荷がかかっていればOKです。

バランスボールを両足で挟んで、両足を閉じる様に内側に負荷をかけても内転筋が鍛えられます。

大きいクッションなどを折って両足に挟んで負荷をかけても良いです。

内転筋トレーニング

ワイドスタンス・スクワット

野球の内転筋と体幹トレーニング

野球の内転筋と体幹のトレーニングが同時に行える「内転筋スタビライゼーション」です。

① 両足にハンドボールほどの大きさのボール(バランスボール)を挟みます

内転筋スタビライゼーション

② 片方の上の足は台にかけて、体は横向きで地面からお尻を持ち上げます

内転筋トレーニング

③ 背中や腰が曲がらない様にします

内転筋鍛え方

④ 慣れない時にはヒザ下から台に置くとやりやすいです

体幹トレーニング

⑤ 今後はボールなしの状態で体勢をキープします

野球内転筋

⑥ 下の空いている足を前後に振って体幹バランスを鍛えます

バッティング内転筋

⑦ キープ時間や回数は体力に合わせて行いましょう

野球体幹トレーニング

動画:野球のパフォーマンスアップの体幹トレーニング

少年野球のバッティング上達で一番大切な事とは?

バッティングが7日間で上達するDVD


バッティングで一番大事なことを教えてくれる野球DVDです。

西武ライオンズで活躍した「垣内哲也」と「大塚光二」がプロの技術・知識・修正法・指導法を教えてくれますよ。

実践者の中には強豪校でレギュラーを取ったり、甲子園で活躍したりと実績もNo.1なんです!

バッティング上達

メジャー仕込みの内野守備上達DVD


日本プロ野球・メジャーリーグ日米で活躍する現役プロ野球選手「川﨑宗則」が直伝してくれる実践守備マスタープロジェクトのDVDです。

内野守備が上達したい!レギュラーを捕りたい!など二遊間やサード上達の近道になるDVDなんですよ。

野球守備

投稿者プロフィール

快音ドットコム

野球に関するお役立ち情報を掲載しています。少しでも野球上達のヒントになれば幸いです。よろしくお願いします ^^ /
人気記事 >> バッティング基本講座!全6回 <<