バッティングが上達したい場合には、その方法の一つとして「インハイ」の内角高めをマスターする事です。

インハイの球をうまく打つには、肘をうまく使う必要があります。

ですので、インハイを練習する事で「バッティングの肘の使い方」をマスターできるんですね。

バッティングのインパクトの瞬間は、肘が伸びきると力が入りません。

一番肘の使い方が覚えられるコースがインハイで、極端な言い方をすれば理想的なスイングの形状かもしれません。

バッティングのインハイの打ち方

インハイを打つには、他のコースよりも「バットを立てて」打ちに行きます。

その理由はバットの上っ面に当たりやすいので、内野フライが上がりやすくなるからです。

無理に引っ張ったり、体の開きが早くてもうまく打ち返せません。

ファールゾーンへ切れたり、引っかけたり、強い打球が飛ばない原因になります。

インパクトの瞬間には、後ろの手でボールを押し込むように打ちます。

インハイを打つコツ

インハイは一番肘の使い方が重要になります。

一番肘を曲げないといけないコースですね。

窮屈に感じるならば、前足を上げてステップをする時に「ややアウトステップ」で足を開くと打ちやすくなります。

アウトステップはしますが、この時に「前の肩」はギリギリまで開かない様にします。

前の肩が開く = 体が早く開くと言うことになります。

インハイ打ちのまとめ

☑ 素早い反応

☑ 意識的にバットを立てる

☑ 肘をたたむ(抜く)

☑ インパクト時に押し込む

☑ 打ちにくい場合にはややアウトステップ

という流れになりますよ。

少年野球のバッティング上達で一番大切な事とは?

バッティングが7日間で上達するDVD


バッティングで一番大事なことを教えてくれる野球DVDです。

西武ライオンズで活躍した「垣内哲也」と「大塚光二」がプロの技術・知識・修正法・指導法を教えてくれますよ。

実践者の中には強豪校でレギュラーを取ったり、甲子園で活躍したりと実績もNo.1なんです!

バッティング上達

メジャー仕込みの内野守備上達DVD


日本プロ野球・メジャーリーグ日米で活躍する現役プロ野球選手「川﨑宗則」が直伝してくれる実践守備マスタープロジェクトのDVDです。

内野守備が上達したい!レギュラーを捕りたい!など二遊間やサード上達の近道になるDVDなんですよ。

野球守備

投稿者プロフィール

快音ドットコム

野球に関するお役立ち情報を掲載しています。少しでも野球上達のヒントになれば幸いです。よろしくお願いします ^^ /
人気記事 >> バッティング基本講座!全6回 <<